バント練習で得られる効果

前回の続きです。


野球を何も知らない子供達を集めて、0から野球を始めさせるのは、本当に大変な事です。

ランナー一塁でセカンドゴロ。一塁ランナーベースに釘付け。とか。
右手にボールを持って、左のグローブでタッチ。とか。
フライでゴー。とか。
タッチプレーなのにベースを踏んで満足。とか。

こんな事は当たり前。

ランナー2塁で左中間2ベース。2塁ランナー3塁ストップ。
「お〜い。今みたい時は思い切って走っていいんだぞー。」って言ったら、その瞬間走り出したり。

色々ありました。

3年生くらいの子がやらかす光景はよく見るけど、5年生のチームがみんな揃ってそんな感じですから、今思うとむしろ面白いチームでした。


そんな状態で初年度のシーズンを終え、最初に私が手を付けた事。

まずは野球っぽい事をさせる。

試合では、守備は一つずつ確実にアウトを取る。
攻撃はとにかくバント・バスター・盗塁・バスターエンドラン。

こればっかりでした。
試合中盤には、相手のサードが投球前から半分くらいまで前進しているくらい。

打たせるのはそこからでした。


練習の半分はバント練習です。
バントと守備練習で終わる事もしばしば。

バッティング練習は、ごくごくわずかでした。

だけど、試合で打たせると、それなりに打っていました。

初年度は何でもかんでも手を出して三振の嵐だったチームが、四球が増え、ヒットも出るようになっていました。

最初から意図していたわけではないけど、一つの結論を得た気がしていました。

以前も書いた通り、私は子供達には必ず素振りをさせていました。
最低限のスイングを教えたり、個人レッスンをしたりして、スイングだけ矯正して、あとは自宅ではひたすら素振りをさせていました。

そして練習ではバント練習ばかり。

素振りでスイングスピードが上がり、バント練習で選球眼が鍛えられ、その結果、バッティング練習は大したしていなくても、普通くらいには打てるチームになったのだと思っています。

初年度未勝利のド素人集団は、翌年には全試合数の1/3以上の勝利を上げる事が出来ました。

だけど思います。
子供達、バント練習ばかりでつまらなかっただろうか?勝てなくてもいいから、もっとバッティング練習をさせるべきだったか?
未だに考えます。

そのチームの子供達は、いつも言ってくれていました。

「野球をやっていて、勝った時が一番楽しい」と。

だから自分は間違えてなかったと、自分に言い聞かせています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。