コンパクトでありながら力強いスイングを作る打撃練習

もう一つバッティング練習の事を書きたいと思います。

私は長くて重たいバットでティーバッティングをする練習方法を取り入れていたと、ご紹介した事があります。
私の感覚では、バッティング練習の中で、あれが一番子供が化ける事が多いと感じています。

だけどあれは、いつもいつもはできません。
なぜなら、子供の体にはちょっと負担が大きいので、故障につながったり、疲労が蓄積される可能性が高いので、たまにしかやれない打撃練習なのです。

だからもちろん、普段はもっと軽い練習法をしていました。

その一つに『連射』と言うものがあります。

誰が名づけたのか、いつの間にかみんな『連射』と呼ぶようになっていました。

どう言う練習法なのかと言うと、ティーバッティングの際にバットを連続で振ると言うものです。

だいたい5〜6球でやる事が多かったです。

左手に3〜4個ボールを積み、右手に1〜2個持ちます。
それを次々と休みなく上げます。

それだけです。

ポイントは
1・バットは行きも帰りも体の近くを回す

2・手だけでなく体全体を使ってバットを素早く戻す

3・原則ノーステップで左下半身のひねりだけで勢いをつける

こんな感じです。


バットが遠くを回るようでは追いつきません。
手打ちの状態では、バットを戻せません。
ステップをしていては間に合わないし、ただのノーステップでは強く叩けません。

これを続ける事によって、コンパクトでありながら力強いスイングが出来上がりました。

圧倒的にスイングスピードを上げる練習法

前回、長くて重たいバットを使って、ドアスイングを矯正する練習法をご紹介しました。

長くて重たいバットを使って得られる効果を、もう一つ思い出しました。


私が監督をやらせていただいていた時、たまに2〜3人の選手を呼んで、個人練習を見てあげていました。
その時は主に、ティーバッティングをしていました。

使うボールは硬式ボールを使いました。
硬式を使う理由は、芯を食う感覚を覚えさせるため。

硬式は軟式と違い、芯を食った時とそうじゃない時の違いが顕著です。

どのポイントで、どの角度で、バットのどの位置に当てれば芯を食うのか、口で説明するより体で覚えさせた方が早いです。


そして、バットはもちろん大人用のバット。


6年生でもパワーのある子じゃないと、まともに振れません。

最初は振れていても、300・400と数を振る内に、バテて来ます。
その前に手の皮をむいてしまいますが・・・。

そして500球や600球くらい、しこたま振った後、自分のバットを振らせると、とても面白い事になっています。

ものすごいスイングスピード。
まるでプラスチックバット。

自分のバットをプラスチックバットを振り回すように扱えますから、子供達も面白がります。
手の皮がベロベロになってる事なんて忘れて。

例外なく、自分のスイングスピードが明らかに上っている事を実感できます。

こう言った、辛い思いをさせて楽しみを与えてあげるのって、とても大切だと思います。

その意味でも最適な練習だと思っています。


何はともあれ、
長くて重たいバット→短くて軽いバット(と錯覚する自分のバット)
これを繰り返すうち、自分のバットはおもちゃのように振れる様になりました。

打席に入る前にトレーニングバットを振ってから自分のバットを振ると言うのは、その打席のスイングスピードを上げる方法としてはよく使われる方法と思います。

そうじゃなくて、普段からそれをやっていれば、絶対的なスイングスピードが上がります。

誰でもそうなります。

バットと硬式球が必要ですから、お金がかかりますけど・・・。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。