バッティングにおいて打撃理論より大切なこと

少年野球を志す子供にとって、一番の目標は何といっても「ホームランを打ちたい!」でしょう。

実際、シーズン終了後の納会で来年の目標を全員に言わせると、高学年の選手で「ホームランを打つ事」と言う子は毎年複数いました。

子供の目標、かなえてあげたいです。

では、バッティングを教える際、何を一番に気をつけて指導するべきか?と言う事を考えてみたいと思います。

バッティングの練習方法や打撃理論と言うのは、一概にこれが正しいと言う事は言えないと思います。

それぞれによって指導のポイントや修正点は違いますから、当たり前ですよね。


だけど私が考えるに、誰にでも当てはまる、シンプルかつ当たり前の理論があります。


それは『素振りの重要性』

これです。


理論でも何でもないし、アホかと思われますよね。当たり前の事ですから。

だけど、当たり前の事のようですが、私はこれが何よりも一番重要だと考えています。


素振りをする子は、バッティング練習で教えた事を、すぐにマスターできます。
一方で、振り方を教えたらその場ではできても、次に練習に来た時には元に戻っている子がいます。

素振りをする子としない子で、そんな差が出るのは当たり前ですよね。

素振りをする子としない子、その違いはどこにあるのか?

そして私の経験上、素振りにはバッティングの上達以外にも、副産物と言えるような効果があります。

その点について、詳しく考えたいと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。